失敗しない不動産査定とは?

grgeara
不動産を売却する時には査定が必要です。
その時に単純に一か所の不動産会社に査定を依頼するのも良いですが、それでは失敗してしまうこともあると言われています。
不動産の売却に絡む査定についてなぜ失敗することがあるのでしょうか。
その査定に失敗しないためのコツなどはあるのでしょうか。

不動産の査定を依頼する時のコツとは?

土地や建物などの不動産を売却する目的で査定をしたい時、通常なら不動産会社に査定を依頼します。
査定の結果を受けてその価格で売却するかどうかを決める、と言うのが一般的な流れです。
しかし、一説では、自分の不動産の相場を自分で調べておけば、この価格で売却して欲しいと頼めば良いと言う話もあります。
どちらのケースにしても、不動産について詳しくない方にとっては難しい話です。
ではどうすれば両者のメリットを上手く利用することが出来るかと言うと、それにはポイントがあります。
それは、不動産会社に査定を依頼する時に、複数の不動産会社に査定を依頼すると言うことです。
不動産会社と言うのは、その会社によって見方や考え方、その会社の業績などによっても、査定額が大幅に変わることがあります。
そして丁寧な査定を行うところもあれば、自社の都合だけで査定するところもあります。
それらを全て把握するためには、複数の不動産会社に査定を依頼して、自分の不動産の相場を知り、少しでも高い評価をしてれる不動産会社で話を進めるということです。

査定価格の根拠を知ろう

査定価格にはある程度の根拠があります。
例えば、周辺の不動産の評価が高いから、自分の不動産の評価は最低でもこのくらい、と言ったように、そのエリアの土地勘があるような不動産会社だと適正な価格を提示してきます。
自社の都合により、または相手が素人だと思ってなめてくるような不動産会社の場合は、安く評価することもあります。
査定が終わった時に一般的には査定報告書などが届きますが、その内容について聞いてみるのも良い方法です。
納得できるような査定価格の根拠がない場合は、その不動産会社は信用出来ないと判断するのが妥当です。

査定報告書の内容から分かること

thrsthrhs
不動産会社から届く査定報告書と言うのは、不動産会社の数だけさまざまな種類があります。
これは規定などが設けられていないので、書式や内容について決まりごとがないからです。
例えば、査定価格だけを明記して、それで終わりの査定報告書も存在すると言えます。
それとは逆に、周辺の相場や土地面積、建物の評価など、細かい項目があるような査定報告書ならいろいろな角度から見て総合判断していることが分かります。
このように査定報告書をしっかりと見ることで、その不動産会社の姿勢なども見えてきますから、ある意味では不動産会社を選ぶ基準にもなると言えます。

不動産を売却するつもりなら査定は複数の不動産会社に依頼しよう

どんなに人当たりの良い不動産会社の担当者がいても、人柄だけで売却を依頼するようなことは絶対NGです。
不動産は売却すればまとまったお金が入ってきますから、出来ることなら少しでも高く売ることを考えなくてはなりません。
そのためには、いろいろな不動産会社からのさまざまな査定を受けることが必要です。
十人十色と言うように不動産会社もその数だけ不動産に対する見方があります。
失敗しない査定をするなら複数の不動産会社に依頼して、内容、根拠、価格、などいろいろな角度で査定してくれる不動産会社を選びましょう。